税と暮らしと不動産

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s税と暮らし

私たちの生活や企業活動に欠かせない要素が”税”です。よく税金が無ければ楽なのにという声を聴くことがあります。もちろんこれは本末転倒の典型です。税金を払いたくないほど利益が上がっているのは、政府と行政が一体となって税の使い道に知恵を絞っているからです。治安・国防、社会インフラ整備、社会保障、教育などどれをとっても国家の秩序と繁栄をもたらすことを目的としています。そういった意味では、税は原則として収益に応じて支払うものかもしれません。

e219449d95ca058cac1891ea49778b44_s

税と不動産

収益に応じて支払うものの他に、”支出時に上乗せで支払う消費税”、”自動車所有に係る税や税のようなもの”、”手続きに係る税や税のようなもの”など”支払社会保険料も税のようなもの”と考えれば、実は、かなりの”税や税のようなもの”を国民は支払っています。
また皆さんご存知の通り”不動産に係る税”は、多額で、かつ継続的なものが見受けられます。不動産譲渡所得税は分離課税、つまりほかの所得と損益通算できません。印紙や登記の費用は、そこまで高額とは言えないものの、専門士業の方々の手数料に比べると若干ながらその費用の内訳を知りたくなるところです。

税務当局も支払う税については、各種の特別措置法を適応させて、「適税」にて支払うことを妨げません。不動産売買のように頻度の低い取引では、税の事を後回しにしてしまって対応が遅れたり、税の事ばかり気にして取引後の実態を把握できなかったりと人それぞれです。迷うことなく”税理士”又は”税務署”へご相談ください。大切なことは、目的を明確にしてから専門家に依頼することです。いつ、どこで、何を、どのようにして、どんな結実を得たいのか、文章にしてみると整理がつきます。その傍らにFPがいて、将来のCF予測などを伴った具体的なプランがあればなおよいものです。

Pocket

Posted in 税と暮らしと不動産.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です