決済・物件引取り

15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s

決済

決済は、支払と登記の移転を同時に行います。銀行のローンを利用する場合は、その銀行の指示に従います。実は、ローンを利用しないときや自己資金が多いときが大変です。方法としては、金融機関発行の自己(金融機関)宛小切手がベストです。金融機関からの送金、現金などはあまりお勧めできません。送金は、受け取り金融機関での確認に時間が必要になりスムーズな運びになりません。

 買主指定の金融機関と司法書士で行うことが通常ですから、自己宛小切手を事前に準備されることをお薦めします。現金は、もちろん数えるのが大変です。ちなみに、一般的な小切手や約束手形は利用しません。支払保証の裏付けがないからです。

登記の移転も同時に行います。手順としては、司法書士が登記手続きの準備を確認し、契約残金決済、登記移転の順番です。ここでも自己宛小切手が便利です。振り込んでしまっては、万万が一にも登記手続きに滞りが出た場合に対応が難しくなるからです。自己宛小切手ならその場ですぐに取り戻せます。もちろんそのような緊急事態は滅多にありません。詳しい話は、悪用される恐れがありますからお話しできません。

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s物件引取り

物件の引渡し・引取りは、現実には「鍵」の引渡しをもって代えます。大切なのは、引渡しをもって「危険負担」が買主に移転する運びになっているということです。つまり引渡し後は、災害、もらい火などで折角購入したマイホームが損害を受けたときは、買主の費用で修復するようになります。当然に火災保険に加入するべきです。保険会社に何月何日の何時から保証されるのか確認することをお薦めします。思いのほか悠長に構えている方がいらっしゃいますが、家主は火災保険、店子は家財保険(借家人賠償責任特約付き)、自家用車には自動車任意保険、この3つは必須です。保険の話は、FPの方で詳しく説明します。

Pocket

Posted in 不動産購入.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です