不動産価格査定書

6ecae5444f34486c127ab811b2fc3e99_s一物一価

不動産の価格査定は、大変難しい問題をはらんでいます。正常な経済取引の前提条件の一つに、「一物一価」があります。読んで字のごとくで、同じ条件であれば”同じもの”は、”同じ値段”であるはずだ、というものです。実は、”同じ条件”というのがみそですね。

続きを読む

Pocket

どの不動産会社に依頼するか?

150826toppageLogotatephotoスエヨシ商会をご指名ください。理由は簡単です。宅地建物取引業者の免許を持っていればどこでも良いわけではありませんが、実は、大して変り無いのが実情です。ちゃぶ台返しのような話ですね。ただ折角このサイトをご覧になっているのですから、弊社をご指名ください。媒介契約の方法は、そのページで説明します。少なくとも一度ご相談を頂ければ、ご納得頂けるものです。

続きを読む

Pocket

売出し前に考えること

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s不動産とお別れ

日本人特有とまではいかないかもしれませんが、不動産に対してはいわゆる動産(もの)と比べて思い入れがあるものです。古くは、戦利品としてやり取りしたり、御上より拝領したりしたものです。貨幣経済の発展とともに”売買”も活性化されます。ただ、墾田永年私財法のころから、日本においては土地の私有化が認められていました。世界に類を見ない鷹揚な行政体系であったようです。

続きを読む

Pocket

不動産を売るとき

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s

宅建業法に注意

不動産を買うことはだれでも可能です。ただし、事業として不動産を売ることができるのは、宅建業者のみです。つまり宅建業者以外は、事業目的でない不動産売買でなくてはいけません。一般的には、反復継続性が無ければ事業性は薄いものと判断されます。宅建業法違反の典型例としては、2宅地以上の土地分譲があります。売却益については、適切な税務処理が求められます。ただ企業については、絶妙のタイミングで特別損失を計上するCRE(企業不動産)の売却は、管理人の私見ですが分離課税ではないのでグレーゾーンではないかと思っています。企業収益が悪化したときに売却することは、もちろん適法です。

続きを読む

Pocket

決済・物件引取り

15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s

決済

決済は、支払と登記の移転を同時に行います。銀行のローンを利用する場合は、その銀行の指示に従います。実は、ローンを利用しないときや自己資金が多いときが大変です。方法としては、金融機関発行の自己(金融機関)宛小切手がベストです。金融機関からの送金、現金などはあまりお勧めできません。送金は、受け取り金融機関での確認に時間が必要になりスムーズな運びになりません。

続きを読む

Pocket

契約締結・手付金支払い

114907

買うとき 契約締結

家族の同意も整って物件を確定し、銀行の仮審査も承認されれば、いよいよ契約締結です。ここで最も重要なのことは、契約とは、権利義務関係を契約当事者双方に課するものであり、これまで一方的にサービスを受取るばかりであった買主が、今度は”義務の履行”を求められるようになることです。実は、普段の生活においては、”義務の履行”を意識しないものです。仕事のときも自分の役割をそれぞれが演じていいればよいものです。これは、日常というものが、たくさんのルールやマナーによって毎回確認しなくても、どうすればよいか決まっているからのようです。

続きを読む

Pocket

買うとき 重要事項説明書

129767

買うとき 重要事項説明書

重要事項説明書は、法定の書面です。宅建業法第35条に規定されていて、宅建業者はよく「35条書面」と呼びます。何が”重要”なのかは、人それぞれのはず。法定されているのは、最低限必要と思われる事項であり、購入の目的いかんでは、買主にとって確かに不要と思えるものもあることでしょう。ただし、建物の”建替え”を前提条件にするのであれば、殆どの内容が必要事項になるようです。

続きを読む

Pocket

契約書(案)の事前検討

027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

購入契約書の内容

一生一度の買い物といわれる自宅の購入時に、その契約内容をよく知らないままの方が多いことに驚きます。とくに、不動産取引の売買契約書で特徴的なものとして「手付金・違約金」があります。これは不動産取引が、比較的金額高であり、代替物が無い取引であるので、取引当事者が簡単に心変わりをしたり、約束を守れないことを避けるために、”手付金”をかわし、”違約金”を約定します。

続きを読む

Pocket

購入申込書・媒介契約書

140999まだ間に合う?

買主にとって、”契約”に至るまでの間であれば回避できるトラブルは多いものです。ここでの最頻出のトラブルは「申込証拠金の不返還」でしょう。申込証拠金は、通常、購入申込書に添えて支払います。契約成立時には「手付金」に充当されることが殆どです。管理人なども感じることですが、購入の”申し込み”から”契約”に至るまでの間がどれぐらいが適当なのか、悩ましいところです。

続きを読む

Pocket

購入不動産を探すとき、自力or宅建業者

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s不動産を買うとき

自宅の購入などは、一生に1度くらいのものだとよく言われます。従って、このことに精通している人はなかなかいないものです。まずは、このホームページの不動産取引のページからリンクを張っている業界団体の情報をご覧ください。実際に物件を探すときは、ネット検索、チラシ、雑誌などの媒体を利用することが多いでしょう。ファミリー向けは、そのような手法で見つかることも多いものです。現地を確認したりしてから、広告をしている宅建業者へ連絡することが多いのではないでしょうか。または、知り合いの宅建業者に依頼して探してもらうこともあるでしょう。

続きを読む

Pocket